FC2ブログ
引きこもりで基本、月2万5千円で暮らしています。
2020年01月15日 (水) | 編集 |

サポート切れ

2020年1月14日で、Windows7のサポートは終わりました。で、Windows7の人は、新しいOSの入っているPCか、OSを買うしか選択肢はないみたいですが、選択肢はもう一つあります。それは、無料でWindows10にアップグレードすることです。

2020年今日は1月15日ですが、まだWindows10への無料アップグレードはできます。じゃあ、あの無料アップグレード期間は何だったのでしょう。

無料アップグレードは、ライセンスなんかいりません。(私は要らなかった)私は昨日の2020年1月14日に、現在使っていない古いPCのWindows7を、10にアップグレードしました。

windows10.jpg


無料アップグレードができるMicrosoftのページです。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

言わずもがな、大事なファイルのバックアップはお忘れなく。

Windows 10 のシステム要件

●プロセッサ: 1 GHz 以上のプロセッサまたは SoC

●RAM: 1 GB (32 ビット) または 2 GB (64 ビット)

●ハード ディスクの空き容量:16 GB (32 ビット OS) または 20 GB (64 ビット OS)

●グラフィックス カード: DirectX 9 以上および WDDM 1.0 ドライバー

●ディスプレイ: 800 x 600

システム要件はWindows7と同じですから、7が普通に動けば10も動くって事です。一応は。

詳細

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4028142/windows-10-system-requirements

私は以前から、無料アップグレード期間が過ぎていても、アップグレードできることは知っていました。しかし、もっとスペックの高いPCが欲しくて昨年新しいPCを買いました。そしてそれまで使っていたPCは箱に入れてしまっていました。

昨日の1月14日、Windows7のサポート切れの日に、気が向いたので、古いPCをWindows10にアップグレードしてみました。このPCは、2011年にモニター付きで、49800円で買ったものです。丸8年、故障することなく毎日働いてくれました。7ヶ月も使ってなかったので、マザーボードのボタン電池が切れているかもしれないと思いましたが大丈夫でした。

古いパソコン1

スペックです。

スペック

私はMediaCreationToolを使ってアップグレードしました。ツールを今すぐダウンロードの方です。

ファイル

MediaCreationTool1909.exeのプロパティです。今日ダウンロードしたものです。

プロパティ


アップグレードは、ただ出てきた項目にチェックを入れるだけで、ライセンスやプロダクトキーの入力も必要ありません。でした。

Windows10 1

最初に出てきた、【このPCを今すぐアップグレードする】にチェックを入れただけで、あとは何もすることはありませんでした。ただ、アップグレード完了まで4時間くらいかかりました。また、使えなくなるアプリが出てきたり、沢山の設定項目があるので、アップグレードは一日仕事になります。

Windows10 2

Windows10 3

Windows10 4

Windows7がWindows10になりました。


バージョン情報


PCは32bitです。7はブラウザを立ち上げてのアイドリングは800Mくらいでしたが、10は1.2G~1.3Gもあります。しかし、タブを5つくらいまでにしていたら、動画を見てもあまりメモリは上がりません。動きは7の時より少し重くなりました。ネットの閲覧程度なら十分使えます。(元から低スペでそれくらいしか出来ません)要らないサービスを切ったり、設定を変えれば少しは軽くなると思いますが、緊急時に使うだけの予備ですからそこまでする気はありません。



タスクマネージャー
スポンサードリンク