FC2ブログ
引きこもりで基本、月2万5千円で暮らしています。
2011年12月15日 (木) | 編集 |
給与所得者は、給料の振り込まれる日が待ち遠しくてたまらない人が大半でしょう。障害者も年金が振り込まれる日を楽しみにしています。しかし私は、給与所得者の時も現在も、そんなにお金が振り込まれる日を楽しみにしていません。

働いていた時、同僚が「今月あとこれだけで生活しなければならない。」とか、「月末で苦しい。」なんて言っているのを聞いても全然共感しませんでした。私なんかは使う時にはドンと使うんですが、普段はあまりお金を使わないので、給料日なんかあてにするどころか、意識もしていなかったくらいです。

私は現在、二ヶ月に一回近くの地銀の支店とその近くの郵便局に出向いて、生活費の引き出しや、公共料金、国保などの税金を支払いに行っていますが、これが面倒で年金の支払日が苦痛です。面倒なら、一つの通帳で年金の振り込み、税金や公共料金の引き落としをすればいいのだが、家に何万円も置くのは嫌なので、その方法を取っても、二ヶ月くらいに一回は金融機関に行かなければなりません。それなら規則正しくやった方がいいと思って今の方法を取っています。

年金の振込みは偶数月の15日で、世間様の五十日(ごとび)です。五十日とは、毎月五と十の付く日と月末をさす言葉で、一般的な会社の給料の〆日や給料支払いの他、様々な機関や商売人のお金の支払日です。それでこの日は金融機関は混むんですが。社会人に説明する必要はないですね。

いつも行っている近くの地銀の小さな支店の駐車場は、満車に近いくらいの車が止まっていたが、二台しかないATMに列は出来てなかったです。

私の横のATMを使っているのは、中年の精神障害者の男とその母親(たぶん統合失調症)、私はこういう人たちをたくさん見ているからすぐに分かります。おそらく楽しみにしていた障害年金を引き出しに来たのでしょう。それはどうでもいいんですけど。困った事に私のATMには引き出しのアイコンがない。引き出しはいつから隠しコマンドになったんでしょう。「その他」のアイコンをタッチしたら、暗証番号の変更やデビットカードのアイコンが出てきました。デビットカードなんか今もあるんですねえ。それにしても「引き出し」のアイコンがないです。

私がオロオロしていたら、隣の親子が、私のすぐ横に立っています。人が操作している横に立つなんて非常識極まりない、暗証番号が見えてしまうじゃないか。と言いたいが、引き出せないから暗証番号を押す機会がありません。

私のが使いたいのならさあ使え、その代り私はあなた達のを使うよ。てな感じの暗黙の了解で、ATMをこの親子のとチェンジしてみましたが、私が使っていたのと同じで「引き出し」アイコンがありません。しょうがないので、行員を呼び出そうとして備え付けの電話で、「お金が下せないんです。」と言うと、「今お金を入れています。」という回答が帰ってきました。それからすぐに補充が終わり、引き出しのアイコンは復活しました。

午後二時くらいの事だったが、五十日でATMが空っぽになったんですね。こんな事は初めてです。