FC2ブログ
引きこもりで基本、月2万5千円で暮らしています。
2012年10月30日 (火) | 編集 |
劣悪な労働環境で社員を働かせる会社を、近頃はブラック企業と呼ぶそうです。昔はそんな言葉は無かったけど、そんな会社は昔から普通にありました。給料の踏み倒しとか遅配とかね。

まず中小企業なんて大半がブラックといって良いでしょう。中小企業の経営者はオーナー社長です(跡継ぎは除く)。企業経営とは、従業員をいか会社のために効率よく働かせるかです。人件費はコスト、いかに低く抑える押さえるかを経営者は考えます。理想はゼロです。

経営者は社員の人生を背負っているといわれるが、経営者は自分がリスクを背負って会社を経営しているのに、何で社員の人生を背負わなければいけないのかと考えます。当然です。

私が働いていた会社は人の出入りが多かったです。自分も含めて長続きしないしないばかりです。そこに何十年もいる人は従順な人で、年収はとっくの昔に止まったままです。

中小企業の昇給は朝三暮四です。給料が上がった分、ボーナスを下げます。サル扱いです。

また、私は転職ばかりしていたので、職安、今はハローワークって言うのですか、そこによく通っていて、年中、何年経っても求人を出している会社いっぱいありました。職安でそれらの会社で働いた事のある人や、自分と同じ会社で働いた事のある人と出会う事は珍しくありません。(あんたも〇〇にいたのか

会社としては、いつも初任給で従業員を働かせる事が出来るから、これで良いのです。でも、そんな会社は発展しないといわれるが、経営者は発展させようなんて思ってなく、そんな会社ほど長持ちします。

経営者は大きな家に住み、高級車に乗り、毎日美味いものを食べてます。人生の勝ち組です。私の働いていた会社の経営者は、通風になっていましたけど。