FC2ブログ
引きこもりで基本、月2万5千円で暮らしています。
2012年10月16日 (火) | 編集 |
婚活という言葉が市民権を得たような気がします。総理府の調査では、今でも結婚したい若者は男女とも9割いるそうです。いつの時代でもバカの割合は変わらないものです。

私なんか家族ともろくに喋らず飯を食ったら自室にこも、小学生時代から親戚付き合いをしない、「幻の親戚」と言われていたかどうか知らないが、とにかく私はそんな偏屈男だから、他人と人生を共にするなんて想像しただけで自殺しそうになります。

婚活を一生懸命している人の多くは結婚相談所を利用しているが、男女ともほとんど上手くいってないようです。つまり結婚相談所の金づる

上手くいってない原因の多くは婚活女にあるようです。婚活女にとって結婚は子どもを生育てるもので年収600万以上の男じゃないと結婚できないそうです。因みに20代半ばから30代半ばまでで年収600万以上の男は、全体4㌫しかいません。このデーは全国のものか首都圏のものかは知らないけど、地方なら勤め人でそんなに収入のある人は皆無です。でも、婚活は「ぜいたくをしたいわけではなく、日常的な生活という部分で暮らせるぐらいは必要。」なんてサラッと言います。

さらに、20代半ばから30代半ばで年収600万以上ある男大半は、結婚しているか恋人がいるそうで、婚活女は婚活をするだけ無駄です。

婚活男の中には相手のよいところを見つけ、自分の価値も認めてもらう。そして女性の心としっかり向き合えば、いつかは結婚相手にめぐり会えると信じ、恋愛セミナーに通う人が少なくないようです。そういう人って学歴もないし収入もないでも心こそ大切金も学歴もなくても幸せになれる権利はあるんじゃない考えています。
ぴゅあ~~

離婚原因でよく性格の不一致というのが挙げられます。でも本当の原因は経済破綻なんですね。どんな離婚原因でもそうです。経済破綻が本質的な原因です。「カネの切れ目が縁の切れ目」結婚生活なんてそんなものです。

資本主義社会では、銭のない奴に一般的な幸せになる権利など断じて無い。婚活男もセミナーの金づるにされる哀れな存在じゃ。

このままいけば2030年には未婚率はさらに上がって、男性で3人に1人、女性でも4人に1人になると予測されています。その結果、“単身世帯”が増え、人口も減少するそうです。

で、これからの社会保障制度をどうするか、若い世代が希望を持って暮らしていけるような体制作りが必要だそうです。

私はジジイだし今の社会保障制度にぶら下がっているし、あと十年も生きていないと思うので、これからの社会なんてどうでも良いです。

ホント、婚活なんて止めれば?。結婚してもしなくてもどうせ死んでしまうんですよ。心中でもしない限り、人間はひとりで死んでいくものです。もしかして孤独死や無縁死、無縁仏になるのは嫌なんですかねえ。社会や因習は人間が作った物で、そんな物は時間がかかっても一万年もすればリセットされています。