FC2ブログ
引きこもりで基本、月2万5千円で暮らしています。
2012年10月17日 (水) | 編集 |
秋祭りのシーズンです。私の住んでいる地域は新興住宅地だから、祭りなんてありません。そのおかげで自治会費は、多分日本最低クラスの二千~三千円です。これとは別に部落会費ってのが年数百円あるが、私は十年くらい払ってなく、相手も諦めています。誰がそんなものを払うか。この地域は集合住宅が結構多、そこの住人もおそらく払ってないのではなかろうか。

もうとっくに絶縁状態の私の親戚が、家から自転車で20分くらいの漁師町にあります。私は数年前に、何かのはずみでそこを自転車で通りかかりました。

その地域は私が小学生時代は活気があり、漁師は勤め人より収入が多く、勤め人の家はまだカラーテレビがあまり普及していないのに、この地域のカラーテレビの普及率は100㌫に近かったです。そして秋の祭りも神輿や山車が出て活気がありました。

で、年前にその地域を通った時の事だけど、誰も人を見かけませんでした。ゴーストタウンです。保育園もとっくの昔になくなっています

そういうわけで、祭り嫌いの私だが、この地域の祭りがどうなっているのか気になって(興味本位)、その年の祭りを見に行きました。で、何もなかったです。正確に言うと、家伝いに紅白の幕を取り付けていたけど、神輿も山車もないし(多分)、人もほとんど見かけません。一軒だけたこ焼きやか何かが出ていました(客はいない)。昔はお面売りとかテキ屋がたくさん出てたんですが。もうこの地域に住んでいるは年寄りだけだから、ちゃんとした祭りはできません。思いっきり栄枯盛衰です

この地域は極端だけど、多くの地域の祭りが寂れています。特に祭りの象徴である神輿の担ぎ手が不足が深刻で、今まで相手にしていなかった女に担がせたり、事もあろうに余所者にまで担がせています。

私の住んでいる市の中心地にある神社の神輿は立派で大きいそうだが(昔から氏子は自慢しているが、私は見た事がない)、今や氏子だけでは担げないので、誰でも良いから担ぎに来て欲しいと、コミュニティFMで言ってました。何を考えているのやら。

それに応じてノコノコ担ぎに行く人が大勢いるのだから、こいつ等も何を考えているのやら。

祭りは地域の結束力を強めるために行われていと言われています。それは住民共通の利益があってのもので、余所者に担がせても、ただのバカ騒ぎにしかならないと思います。それに余所者は旅の恥はかき捨てで、やりたい放題やって問題を起こす事も少なくありません。

祭りを主催する人達は地域の伝統を守るんだ言っているが、ご先祖様はバクテリアです。祭りは人のためにあるもので、伝統を守ると言って祭りのために人がある状態は本末転倒です。人間の創ったもので、守らないといけない物は何一つ無いと私は考えています。