FC2ブログ
引きこもりで基本、月2万5千円で暮らしています。
2013年07月14日 (日) | 編集 |
そういえば、金曜日に国民健康保険の納税通知書が来ていました。私は市民税も払えない極貧民なので、七割減免を受け毎年同じ金額だと思います。よく分からないから。一期分の納税期限は今月末になっています。私は放っておくと忘れてしまうので、即行で払いに行きたいのだが、月曜は祝日で火曜まで待たなければなりません。

それはさておき、私は福祉の厄介になって生活をし、国保も七割の減免を受けてるが、もしそんな身分でなければ国保なんて払うのはバカらしくなります。

私の住む自治体では、国保税を算定する時に、
医療費に固定資産税の何割かを(介護と後期高齢者にも数㌫)上乗せされます。これを資産割額といって、全国のかなりの自治体で(多分ほとんど)実施されています。これは七割減免の対象外で、これにより私の国保税は8000円以上割り増しになります。本来なら20000円ちょっとです。

資産割額は、お前は不動産を持っている金持ちだから、持ってない人より多く払えって事で、固定資産税に課税する二重課税です。悪徳金融だな。

家を持っている者が金持ちで、持たない者は貧しく可哀想な者というのは昔の考えです。広い道に面してなく、入り口も狭い二束三文の土地に建てられているボロ家に住んでいる人の方が、高い家賃の賃貸に住んでいる人より可愛そうです。

大体、固定資産税はでたらめ税です。地価の評価額の高い所の課税は減額し、評価額の低い所は割り増し課税されます。
(広報にそんな事が書かれていた)それで私の二束三文の不動産は、不当に高く課税されているのではないかと思います。

世の中には二重どころか三重にも四重にも課税されているものもあるが、やっぱり二重課税はいけません。平等に税負担をしてもらわないと私のような極貧民にはきついです。七割減免をしてもらっている私が言うのも何ですが。でも、減免してもらってない人も同じですよ。

全国には資産割額のない自治体も少なくないと聞くので、私はそんな所に住みたかったです。また、固定資産に二重に税金をかけるのなら、その前にきちんと農地に課税するべきです。農家は戦後二束三文で農地を手に入れ、それで金儲けをし、その土地を売れば大儲けが出来るのですから。