FC2ブログ
引きこもりで基本、月2万5千円で暮らしています。
2013年11月29日 (金) | 編集 |
昨夜寝る前に郵便受けを覗きました。月末だから広報誌が入っていました。これを抜いたら、チラシが見えました。どうせたまに入れられる如何わしい宗教の物かな?と思えば、ご近所様が家の外壁塗装をするとのフォーム会社からのお知らせでした。

来年4月から消費税が上がるそうです。私も知っています。で、今業界によっては、駆け込み需要が多くなっていると報道されています。経済に疎い私でも、体感的に建設業界は特需になっているのを感じます。

というのも、私の住んでいる地域では建設ラッシュです。また、足場が組まれ外壁塗装をしている家もよく見かけます。

まともに生きている人は、住む所を整備するためだけに人生を送っているといっても過言ではありません。私の父親もそうでした。

ほとんどの人は家族をかかえ、何十年も借金の返済をしながら、固定資産税を毎年払い、外壁塗装等のリフォームをしながら家を維持します。それでも借金を返済し終わった時にはボロ家です。これが男の城を持つ、一国一条の主、一人前の男です。私の父親も家を買った時や、増築した時には知人を呼んで見せていました。

自分が勤めている会社がこれからも発展しながら存続し、自分が健康で定年まで雇ってもらえ、ある年齢まで毎年給料が上がる事を前提にして、何千万の借金を背負う人の神経が私は理解できません。また、そういう人に限って人に「世の中は厳しいんだぞ」って説教を垂れます。自分が一番世の中を舐めているのではないかと思うのですが。

自分だけは大丈夫という根拠なき自信を持つ人達で社会は成り立っています。自信のない私は、そのおこぼれで生かせてもらっています。