FC2ブログ
引きこもりで基本、月2万5千円で暮らしています。
2014年02月03日 (月) | 編集 |
地方でもコンビニは飽和状態にあり、私の住んでいる田舎でもスクラップ&ビルドで、我が家から自転車で5分以内に3店のコンビニが有ります。私も今まで、いくつかのコンビニが潰れたのを見てきました。

そこでコンビニは、宅配、プライベートブランドの開発、生鮮品の扱い、シニア向け商品の開発、店内での飲食等で他店との差別化を図ろうとしています。

私もコンビニにはよく行きます。しかし、マンガの立ち読みしかしないので、店の奥まで入った事はありません。勝手にトイレを借りた事はあります。田舎は何も買わなくてもいいし、勝手に使っても構いません。みんなそうしています。コンビニは便利です。(私はウンコをする勇気はないので、スーパーのトイレでします。)

ところで、日曜日に某全国チェーン展開しているコンビニの駐車場で、野菜市をしていました。都会のコンビニは駐車場がないところが多いというが、コンビニは狭い土地で効率よく利益を上げるために生まれたシステムで、都会に広い土地があれば、ビルを建てた方が儲かると思います。

田舎のコンビニは基本的に駐車場は広いです。田舎で歩いている人は年寄りか子供、自転車に乗っているのは、子どもと年寄りと中国人、そして極貧人の私で、駐車場がないと商売は成り立ちません。(中国人はコンビニには来ません)

売られていた野菜は、みんなきれいなもので、長ネギ以外はラッピングされていました。値段は、ニンジン大2本98円、玉ねぎ大2個98円、キャベツ中1/2 98円、長ネギ2本138円?等で、品質と値段はスーパーに全然負けていません。

私はコンビニは、本部の命令によって一斉に同じ行動をとるものと思っていたので、他所の系列店でも野菜市が開かれているものと思い行ってみたが、何もしていませんでした。

今はコンビニの商品は、スーパーより高いというイメージは崩れつつあります。以前のコンビニは、スーパーの営業時間が長くなることを恐れ、恐れていたとおりスーパーの営業時間は長くなりました。野菜市は、このコンビニがスーパーや他のコンビニに攻勢をかけるためのテストケースで、これからは商売の棲み分けはなくなるでしょう。