FC2ブログ
引きこもりで基本、月2万5千円で暮らしています。
2014年05月27日 (火) | 編集 |

Firefoxから分岐して、独自の進化を続けているBrowserがSeamonkeyです。SeaMonkeyはシンプルで軽くサクサク動きます。また、最近Mousegestureも見つかりました。エンジンも私好みのGeckoで表示がきれいです。Mousegestureに依存している私のSeamonkeyの評価は、物凄く上がりました。(メールクライアントソフトも付いている)

Seamonkey専用のMousegestureを見つけてなかった時の私は、かざぐるマウスを試してみましたが、全然いうことを聞いてくれませんでした。MouseGestureL.ahk で動かそうとしても、Firefoxで設定しているので、いくつかの操作ができません。Seamonkeyを登録しようとしても、Firefoxと同じMozillaと認識されてしまい、登録済みで受け付けてもらえません。ウインドウクラスではなく実行ファイル名か何か他もので登録すれば良かったと思いますが、面倒なのでやる気が出ません。(Firefoxもあるし)

Seamonkey入手先です。上のものは英語版で、日本語版は下にあります。SeaMonkey.jpの日本語版もありますが、バージョンが古いようです。

Mouse Gestures Suite 1.3.0 の入手先です。

sm6.jpg

defaultではバーが多くて不細工ですが、小さいアイコンにしたり、左上の三角印をクリックして、バーを消してスッキリとさせることが出来ます。

sm5.jpg

Seamonkeyはタブに閉じたり新しいタブを開くボタンがなく、閉じる時は右上の☓印をクリックします。新しいタブを開く時にはどうするのでしょう?。Mousegestureに依存している私はそんな事はどうでもいいですが。

sm2.jpg

※追記 タブバーの左端に、新しいタブを開くボタンがありました。

sm7.jpg

Mousegestureの設定画面はシンプルです。

sm3.jpg

sm4.jpg

私はOSの環境変数をいじってplugin-containerを無効にしているので、本当のSeamonkeyのメモリの喰い具合はわかりません。あまりタブを開かない私の使用環境では、メモリは最大500Mくらいです。

 Seamonkey > Chrome 

これでGecko大好きの私のBrowserは、Firefox、Pale Moon、IceDragon、Seamonkey、の4つになりました。