FC2ブログ
引きこもりで基本、月2万5千円で暮らしています。
2014年09月04日 (木) | 編集 |

この国もカジノを解禁するという方向に進んでいるそうです。私はネガティブ思考で、ギャンブルなんて勝てる気がまったくしないし、軍資金もありません。しかし世の中には強力なポジティブシンキングで、自分が負けるわけがない、今は損をしているが、何時かは必ずや今までの損を取り返し、莫大な富を得る時が来ると信じて疑わない人達がいます。

こんな考え方をしている人達をバカと言わずして何と言うのでしょう?。世の中を舐めきっています。

パチンコを例に挙げます。広い土地や建物の固定資産税を払わなければなりません。台の入れ替えの経費がかかります。人件費や光熱費等を払わなければなりません。店を運営していくには莫大な経費がかかります。そして利益も上げなけらばなりません。で、そのお金は100%客が支払ったものです。

遊園地のように楽しめてよかった~~~。ならいいのですが。帰路につく人の大半は、虚しさや敗北感があるのではないかと思います。中には「明日は頑張るぞ!!」って思いながら帰る人もいるのでしょうか?。

私は何事もその背景を想像してしまうので、パチンコ店はパワースポットならぬ「プア(貧困)・スポット」に見えてしまいます。また、人が集まる所は出会いの場所ですから、ここで出会ったロクデナシ同士は、トラブル(主に金銭の貸借で)ばかりを起こし、それが殺人や傷害事件に発展することも少なくありません。

こんなことろに出入りしている人は相手にしない方が良いです。人間関係は同じレベルの者同士でしか出来ないので、まともな生活をしている人はその心配はないですが。

ーーーーーーーー

厚生労働省の研究班(樋口進代表)が、パチンコや競馬などギャンブル依存症が成人人口の4・8%に当たる536万人に上るという推計を発表したそうです。私はそんなに多いわけ無いと思います。

いつもは国のデータを信じない共産党は、このデータを元に、国の政策に反対しています。情報収集能力が高い共産党は、自分で調査すればいいと思うのですが、下部組織の民商に加入している人にアンケートはとれません。だって、貧乏人ほどパチンコをするので、依存症の割合は国の調査をはるかに超えてしまい、嘘臭くなります。大体、まともな自営業者は民商なんかに入りません。それで国のデータを使っているのでしょう。

ーーーーーーーーーーー

世の中には、家族がギャンブルで借金を作ってしまうことで悩んでいる人がいます。そういう人は全員世間体が悪いので、借金の尻拭いをしています。間違いありません。借金をしてまでギャンブルをするバカは、尻拭いをしてもらう時には土下座して涙まで流します。が、反省の気持ちは三歩けば何処かへ飛んで行ってしまい、またギャンブルで借金を作ります。

こんなバカには、それに相応しいバカな家族がいるものです。

人生で自分の身に起こる事の大半は必然で、運によるものは僅かです。私の人生も私の人格に相応しいものです。ただ、ろくに保険料を払ってないのに、年金もらえて生活させていただいているのは運によるものです。それがなければ私はとっくに死んでいます。

どうせ死ななきゃいけないのですが、あの時は死にたくなかったのです。