FC2ブログ
引きこもりで基本、月2万5千円で暮らしています。
2015年05月10日 (日) | 編集 |

電気の検針がありました。今月は再エネ発電賦課金が先月の二倍になっていました。バカやろ~~~!!

さて、夜更かしばかりしていましたが、今月は89kwhで2048円でした。前年の同じ月と比べ10kwh少ないです。夜更かしをしていても減った要因は、冷蔵庫が新しくなったのと、鉄鍋です。鉄鍋は割れて引退した先代の土鍋に比べて格段に熱伝導率が高いので、節電効果を実感できます。(電気コンロ使用)

発電の燃料費も下がり料金も前年同月より300円減っていますが、再エネ発電賦課金が140円になっています。先月は70円でしたぞ。

冷蔵庫で食品を貯蔵し、夜は蛍光灯で部屋を明るく照らし、腹が減れば飯を作り(自炊で使うエネルギーの大半は電気)、デスクトップでネットを嗜み、電気毛布で寒さをしのぐ、私の生活では、これだけの事が1日あたり70円の電気代で出来ます。

私は発電業者や、屋根にソーラーパネルを設置しているブルジョアの利益のために、2日分の電気代を余分に電力会社に支払わなければなりません。消費税は逆進性の側面があるとはいえ、仕方のない事だと思いますが、年間2万5千円もあれば電気代は事足りている私は、再エネ発電賦課金には不公平感があります。

先月です。

検針票4月

今月分です。な、な、なんと!!二倍になっています。何があったんだ!! 私の2日分の電気代です。_| ̄|○

検針票

グーグルマップの航空写真は比較的新しいので、空から人様の家の屋根を見ると、どこもかしこも太陽光パネルを付けています。太陽光発電で電気代がただになり、余った電気は馬鹿高い単価で電力会社に買い取ってもらえ、それで設置費用と維持費をペイして、それから先は丸儲けになるので、立派な家にお住みの方はこぞって屋根に太陽光パネルを設置しています。一般家庭は余剰電力の買取制度が多く、再エネ発電賦課金にはあまり影響はないかもしれませんが。

雪だるま式に増えていく再エネ発電賦課金は、まだ払い始めたばかりで、数年先には電気代の3分の1から2分の1くらいを、再エネ発電賦課金が占めるようになるかもしれません。

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

電力会社はもう馬鹿高い電気は買わなくていいです。太陽生活
ブログパーツ