FC2ブログ
引きこもりで基本、月2万5千円で暮らしています。
2015年05月12日 (火) | 編集 |

キーボードを4年も使うと、FとJの突起が摩耗してなくなり、タッチタイピングがやり難くなります。しかしキーボードは他に異常はないので、FとJに突起を作り使い続けることにしました。

私は4年前に、デスクトップを買った時に付いていたキーボードを、今も使っています。これはキーが大きく、一本指でキーを探しながらタイピングするのに向いていますが、タッチタイピングには向きません。もしタイピングが多い生活になれば、さすがにケチな私でも、もう少しマシな物に買い替えます。

最近の私は、左人差し指にFの突起が感じられなくなりました。で、ふとFを見ると、キーがツルツルになっていたので、私は老化で指の感覚が鈍ったのではないことに安心しました。またJのキーは、半分くらい突起が残っていたので、そんなに違和感はありませんでした。

さて、突起作りですが、最初はボンドをキーに落として作ろうと思いました。が、なかなか乾かないし、乾いても汚らしいので止めました。

ボンド

次に浮かんだ案は、樹脂に突起を付けてキーに貼り付けるです。これは期待できそうな案です。樹脂は、1月に買ったエアプラシを包装している物を使います。これはカメラの掃除用に買ったのですが、カメラはレンズ磨き用の布で液晶やレンズを拭いているので、未だ使う機会は訪れていません。

樹脂

ポンチで突起を作り、キーより少し小さく切って角を取ります。裏に紙が付いているので、このままだと、木工用ボンドで接着してもすぐに剥がれるので、水にしばらく浸けて紙を落とします。

ポンチ

樹脂にインクが付いていますが、紙は完全に取れているので、剥がれないように接着できました。

キーボード3

キーボード2

突起は中心部になり、以前より大きく高くなったので、使いやすくなりました。

キーボード1

私が使っているマウスパッドは、デスクトップを買った時に、300円位で買ったものです。2年くらい前から、裏側のゴム製の滑り止めがなくなり、ズレて使い難くなっているので、ついでに改善しました。

下の部分がツルツルです。

マウスパッド1

改善しました。因みにマウスも最初から付いていたものです。私はケチですから、マウスは消耗品ではありません。

マウスパッド5
ブログパーツ