FC2ブログ
引きこもりで基本、月2万5千円で暮らしています。
2015年06月18日 (木) | 編集 |

浴室のドアノブは、なければないでいいやと思ってましたが、やっぱりあるのとないのでは全然違います。取り付けたらドアの開閉が快適になりました。でもこれが当たり前の生活のようです。

ドアノブ2

Amazonで買ったドアノブです。浴室用とは書いてませんが、屋外用らしいので、浴室につけても構わないと思います。先代がこのザマですし。ネジはドアの厚さに合わせて、短い方を2本使いました。

一式

工具はプラスドライバーと、付属のショボイ工具です。

工具

古いドアノブを取り外します。

旧ノブ

外したドアノブです。

旧ドアノブ1

裏側

旧ドアノブ2

握り玉から、穴の開いた皿を取り外すのですが、説明書きの通りにしても空回りするだけで取れません。

分解1

握り玉1

握り玉を握り、指で円盤(ローズ)を押して固定し、もう片方の手の指を、皿に空いた穴に押し当てて、反時計回りに回して取りました。

分解

分解3

新しいのにはワッシャー(座金)が付いてなかったので、古いのに付いていたのを使います。

ネジ

ネジピッチはマイナスドライバーで変更できますが、デフォルトで50mmになっていたのでそのまま使えました。

取り付け1

お皿とドアノブをネジ留めします。ネジが錆びているように写っていますが、そうではありません。

取り付け2

握り玉をお皿にネジ込み、付属の工具(ファスナー)で締め付けます。

完了1

ノブ締め付け

浴室内

完了2

ドアノブは軽くひねる事ができます。ドアは少々建付けが悪いですが、ドアノブはグラグラしないので、苦もなく開閉できます。やはりドアノブがあるのとないのとでは、大違いです。私のQOLが上がる良い買い物でした。

写真を撮らなければ、5分で終わってます。
ブログパーツ