FC2ブログ
引きこもりで基本、月2万5千円で暮らしています。
2015年10月25日 (日) | 編集 |

共産党が安保法反対の講演をするとのことで、その案内を宣伝カーをゆっくりと走らせながらしていました。すると後続車に、憎々しくクラクションを鳴らされて、宣伝カーは路肩に止まり進路を譲っていました。

テレビは偏向報道しているそうで(私はテレビを持ってないので見てません)、安保法が採決される前は、連日国会前のデモを放映し、あたかも国民全体が安保法に反対しているように見せかけていましたが、一般人はあんなものには関心ありません。あったとしてもあの法案は現実的なもので、憲法違反といえば自衛隊だって憲法違反で、今更何をって思っています。

国会前で安保法反対のデモに集まっていた人や、全国各地で開かれた集会(そんな事があったらしいね)に集まっていたのは、いわゆる女、子供、年寄りで、この国の税収、財政状況、自衛隊が海外に攻め込む戦力を持たないことを知らない人達です。もし日本国が滅びるとしたら、戦争より財政破綻が先です。

また、この人達の多くは、この国はやがて徴兵制を採り兵隊に特攻させると思っています。ホント、バカですね。徴兵制なんか採ると、反対勢力や、使い物にならない者が入ってきます。限られた予算と人員で国防をしなければならないのですから、反抗的な者やドン臭い者なんかに構ってられません。そして特攻なんて言っている人は、時代錯誤も甚だしいです。今の戦闘機は本体価格は100億くらいします。パイロットはエリートで、数億円かけて養成します。昔のように大量生産された戦闘機を粗製濫造されたパイロットに操縦させているようでは戦えません。高価な機体と優秀な人材を、全く成果の上がらない特攻という戦術に使うわけがありません。

デモに集まった人達は、徴兵で集めたボロに、F-○○なんて戦闘機を操縦させると思っているのでしょうね。

兵器といえば、これからの戦争はドローンが多用されるでしょう。現在のドローンの戦闘機はミサイルも撃てて、今、ISを空爆しているのはドローンです。ドローンなら特攻するより遥かに安上がりで、パイロットは死にません。これで特攻の心配はなくなりましたね。安保法反対のデモに参加している人の大半はこんなことを知らないし、知ろうともしません。ネットの中で仲間同士の狭い世界に閉じこもり、外の情報を集めようとしません。故に私は、あの時の国会前のデモをオフ会と思っていました。

来年参院選があるそうですが、野党は勝てないでしょう。安保法反対運動に参加している人達の気運は盛り上がっているみたいですが、昔から与党が選挙で負ける時は、経済状況が悪い時で、経済じゃないと票は取れないということです。選挙になればあの馬鹿な人達は、現実を思い知る事になるでしょう。

そうそう、先日、障害者生活支援施設に行った時のことです。20代から鬱かなんだかわかりませんが、引きこもって社会経験のない50代の創価学会の男が、「徴兵制になったら自衛隊に行かなければならない」と言っていました。私は「戦力になる自信がお有りで」と言いたくなりましたが、その言葉をぐっと飲み込みました。

創価は安保法に賛成しましたが、内部では反対する人も多く、こいつもおそらく反対する者の1人でしょう。
お前は足手まといだからいらん!!
ブログパーツ