FC2ブログ
引きこもりで基本、月2万5千円で暮らしています。
2015年12月14日 (月) | 編集 |

日曜の昼前、私は生ごみを庭に埋め、スコップでペンペンと土を固めていると、向うから駐在さんの乗った原付きが走ってきました。まずいなあ、この付近で外に出ているのは、私だけだと思いますから。

予想通り駐在さんは私の家の前に原付を停め、荷台に取り付けてある金属製の黒いボックスを開けて、ファイルを取り出してこちらに向かって来ます。卵茹でてんだけど、長くならなければいいのですが。

駐在所とは、警官が住み込みで働いている施設の事で、田舎や都市を離れた郊外に設置されています。私も家からそう遠くない場所に駐在所があるのは知っていましたが、勤務している人を見るのは初めてです。また、警官の訪問を受けるのも初めてです。

警官「こんにちは、こんな事をしているのですが」

と言って、私にチラシを手渡しました。やっぱりな。

詐欺2

裏面

詐欺1

これは、オレオレというのばかりではないけどオレオレ詐欺、振り込まないけど振り込め詐欺、詐欺に特殊というものはないと思うけど特殊詐欺、誰が考えたんだか、母さん助けて詐欺等、色々な呼称のある犯罪です。

警官は、こういう事件が多発しているので注意して下さい。なにか変わったことはありませんでしたか?とおっしゃいました。

昨年の警察が認知しているこの手の詐欺の被害額は559億円、(騙されて気づいてない人も結構いると思います)また、未然に防いだのは1万731件で約300億円で、これだけ被害が出れば駐在さんも駆けずり回りますな。しかしこれは注意喚起というより、啓発活動ですね。

警官はファイルを開きました。長くなりそうです。卵茹でてんだよ、黄身が固くなる。でも、嫌がる態度を見せると、やましいところがあると思われるかも。

警官「お二人ですか?」

私 「死にました(ぼそっ)」

警官 「は、亡くなられた。」(ファイルに何か書き込んだ)
 
警官の巡回の応対をしたのは、十数年前に生きていた父親ですから、本日、我が家の家族構成はUpdateされました。

警官は「変な電話はかかってきませんか?」や「何か心配事やお困り事はありませんか?」とお尋ねになります。私は成人した子供がいてもおかしくない年齢ですが、頼りない風貌をしているので、一見して結婚できない者に見えます。ゆえに警官は、私が犯罪者のカモにされそうな奴に見えたのかもしれません。だとしたら、少し悲しいので(犯罪者のカモに思われることです)この台詞は職務マニュアルだと思うことにしておきます。

警官は家族構成を尋ねたら、なにか困ったことがあったら連絡してください、という言葉を残して去って行きました。

NHKラジオでは、毎日のように怪しい電話がかかってきた、被害者が出たと報道しています。また、警察や様々な団体が注意喚起の活動をしている事も頻繁に伝えています。それなのにのれなのに、被害は全くと言っていいくらい減りません。世の中には根拠の無い自信に満ち溢れている人が多いのでしょう。

私のところなんて、ここ2年位セールスの電話もかかってきません。また、数少ない親族も、私の電話番号を知りません。もし知っていても、親族は私がこの世で一番親族が嫌いだという事を知っているので、電話をかけることも我が家を訪問することもありません。
ブログパーツ