FC2ブログ
引きこもりで基本、月2万5千円で暮らしています。
2016年03月30日 (水) | 編集 |

昔のパンツは、ウエストの部分にゴム紐を入れていて、ゴム紐が伸びれば入れ替えて履き続ける事が出来ましたが、いつの間にかパンツはベルト状のゴムを本体に縫い付けた物しかなくなり、パンツはゴムが伸びたら捨てる物になりました。

そんな時代ですが、私はウエストのゴムが伸びてもゴム紐を入れて履き続けています。不可能のように思えますが、出来るのです。私はこのようにしてパンツの延命を図り、4年くらい履いています。(洗濯は週1)

ゴムの伸びたパンツ

ゴム紐を入れることが出来るのは、私の知る限りトランクスだけで、それ故トランクスしか買いません。このパンツは300円位の物です。

ウエストのゴムが伸びて放置していたのですが、最近不愉快になってきました。今日は天気も良いことですし、ゴム紐を入れることにしました。(ベルト部分がほころびたので修理しています。)

ゴムの伸びたパンツ1

後ろの洗濯表示の部分からゴム紐を入れます。

ハサミ穴あけ

ベルト状のゴムは本体に縫い付けられていて、縫い目と縫い目の間にゴム紐を通します。

真ん中の空洞にゴム紐を通すので、ハサミの先でベルト状のゴムに穴を空けます。

パンツゴム入れ1

ゴム紐はいつもDAISOを使っています。品質は問題ありません。一度入れればパンツが死ぬまで持ちます。

パンツゴム入れ2

一周しました。

パンツゴム入れ完成

洗濯表示のところはゴムが通らないので、またいで結びます。

完成パンツ

完成です。ゴムの結び目が背中に当たっていることを感じません。

ゴム入れ中ジャージ

ジャージのゴムも伸びて不快だったので、ついでに入れました。ジャージにはなぜか紐が付いていますが、紐で結んだりすると、時々解けなくなります。ウンコがしたい時にそんな事になると焦ります。で、こんな危険な物はすぐに取り外します。

紐を通していた穴にゴム紐を通すので、穴は開ける必要はありません。ジャージ用のゴムを買うのは勿体ないので、パンツに入れたゴム紐を入れますが、1本だと弱いので2本入れます。

ジャージ

これで快適になりました。
ブログパーツ