FC2ブログ
引きこもりで基本、月2万5千円で暮らしています。
2016年03月15日 (火) | 編集 |

9日にWindowsの更新があったので、もうかなり日数が経っていますが。

Microsoftは3月のUpdateで、とうとうセキュリティを人質にWindows10の押し売りをするようになりました。断固拒否する人が結構な数いるみたいだから、もしかしたらセキュリティを人質にしてくるかもと思っていましたが、私の杞憂が現実のものとなりました。

Microsoftは、3月のInternet Explorer11のセキュリティパッチに、Windows10のアップグレードプログラムを混ぜてきました。

キャプチャ1


いつものセキュリティパッチに見えますが、詳細を読んでみると・・・


win10_201603152017169c9.jpg


何でIE11のセキュリティに関係ないものまで同梱してくるんだ?


win10a_20160315202204604.jpg


KB3146449とは


win10b.jpg

Windows10登場

KB3146449は、IE11のセキュリティパッチに同梱されていて分離することが出来ず、こいつをアンインストールするのなら、IE11のセキュリティパッチごとしなければなりません。が、そんな事をすればPCが脆弱になります。

私はFirefoxを使っていますが、Google Mapやストリートビューを利用するときだけはIEを使います。(Firefoxはもたもたします)

私は数カ月前までは、自動updateにしていたのですが、KB3035583等のプログラムがオプションから推奨に格上げされてインストールされたのを機に、手動Updateに切り替えました。そしてWindows10関連のプログラムを調べ、インストールされたプログラム内を検索して一つも入っていないことを確かめました。でも、私の努力もここまでです。KB3146449は受け入れざるを得ません。

どうしてもKB3146449を受け入れたくない人は、セキュリティパッチごとアンインストールして、IEを無効化する方法がありますが、多少不具合が出るかもです。

無題

Microsoftもやる事がエスカレートしています。来月からは他のセキュリティパッチにも、Windows10関連のプログラムを同梱してくるのではないか、そして無料アップグレードの期限切れ間際になると、ご好評につきまして、無料アップグレードの期間を延長します。と来るのではないかと思います。年中閉店セールをしている洋服屋のように。今時そんなのあるのか知りませんが。

大体こんな事をしてくるものが、期間限定であるはずがありません。Microsoftはこの世から、Windows7. 8. 8.1 を絶滅させるつもりです。そうとしか考えられん。
ヽ(`Д´)ノプンプン

私は更新プログラムの詳細を読む習慣はありませんでしたが、Windows10のせいでupdateの度に疲れます。こんな事で疲れたくありません。日毎Microsoftが嫌いになります。これからはLinuxも視野に入れようかな、と思う今日此の頃です。ペンギン可愛いなあ。
ブログパーツ