FC2ブログ
引きこもりで基本、月2万5千円で暮らしています。
2016年06月25日 (土) | 編集 |

楽天を見ていると、楽天ランキング1位の商品がやたらと目につきます。調べてみると、楽天市場には年間一万点以上の、ランキング1位商品が生まれていることが分かりました。

多数のランキング1位の生まれるからくりは、商品カテゴリーの細分化と、年間、月間、週間、デイリーという時間の細分化で生まれるとのことです。詳しくはこちらも

私もスーパーで、楽天グルメ大賞を受賞した商品を買いました。私の場合、称号に釣られて買ったのではなく、賞味期限が残り少ない故値下げされていたからです。

お書き

大手メーカーの商品の場合、食品3分の1ルールというのがあり、製造日から賞味期限までを三等分し、賞味期限まで残り3分の1を切る商品は、店が廃棄処分します。店が値下げしてでも売り切ろうとしないのは、ブランドイメージを損ねないようにする、メーカーに対しての配慮です。

おかき4

店は大手メーカーに対しては弱いですが、中小に対しては、うちが仕入れたものをいくらで売ろうが勝手だろ、ということで、賞味期限が迫った商品を安売りしてくれます。私はそのおかげで生きているようなものです。因みに私は過去に、知らないメーカーの即席ラーメンを、5食パック税込み50円で買ったことがあります。

さて、この商品は、5月下旬に買いました。平常価格298円の物が、100円値下げされて198円でした。280gも入ってこの価格はお買い得に思えました。280gも一度に食べられないので、2日に分けました。

おかき1

グルメ大賞受賞は、おそらく細分化されたカテゴリーの中での受賞で、各カテゴリーに受賞商品があることでしょう。また、受賞商品は1つとは限りません。

私は「おかき」と「あられ」の違いがわかりません。調べてみましたが、いろいろな説があってはっきりしません。しかし、楽天の中では分類されているのではないでしょうか。

しかし、まあ、グルメ大賞受賞と書かれていますが、2010年の事です。このよくわからない称号は何時まで使えるのでしょう。

グルメ大賞の下に、楽天週間ランキング「おかき部門」123回1位獲得って大きく書かれています。「おかき部門」があるのなら、「あられ部門」もあるのでしょう。123回の大きな文字の下に、小さく2013.2.14時点って書かれていて、この日から1位に縁がないようです。タイトル奪還、頑張れ。

おかき5

さて、味ですが、塩気が丁度良く「あられ」としては旨いです。じゃなかった、「おかき」でした。しかし、ほとんどチーズの味はしません。しかし、これはどのチーズスナックにもいえることです。私が知る範囲では、チーズ味が効いているのはチートスだけです。

おかき2

この絵は盛りすぎ。でも、「あられ」じゃなかった、「おかき」は旨かったですよ。「おかき」として。

飯

手打ちうどんを作り、安売りしていたバーモントカレーを使い、カレーうどんを作りました。カレーうどんは、鶏だしの素のスープにルーを入れた方が、ルーだけより格段に旨いです。

また、肉団子は、カレーに良く合います。初めは薄味だと思っていましたが、かなりこの味に慣れました。今日スーパーに行って、残っていた1個を買いました。よく売れています。
ブログパーツ