FC2ブログ
引きこもりで基本、月2万5千円で暮らしています。
2016年06月19日 (日) | 編集 |

肉につなぎを混ぜて、量を増やしたものがハンバーグで、ハンバーグが丸くなった物が肉団子だと私は認識しています。で、つなぎの割合が多いほどこれらの物は価格が下がり、貧乏人が購入しやすくなります。

いつものスーパーに行って、普段はあまり関心を寄せない冷凍食品を見ていると、激安肉団子を見つけました。なんと! 500gで158円ですよ。こんなに安いのは、肉につなぎを混ぜているというより、つなぎに肉を混ぜているというものでしょう。まあ、そんなことはどうでもいいです。売れ行き好調のようで、冷凍ボックスの中にはあと5,6袋しか残っていませんでした。私は2袋買いました。

肉団子1

私は肉団子を麺類のトッピングとしか見てないので、麺類を作るたびに油で揚げるのは面倒だから、今まで肉団子にはあまり関心がありませんでした。しかし、電子レンジで加熱しても良いのなら話は別です。

肉団子2

肉団子の材料なんて、どこも似たようなものでしょう。肉の味するのかなあ。

レシート

肉団子4

袋から丼鉢に移しました。これが1袋分、34個ありました。普通はこんなもの数えないでしょう。私はウインナーの数も数えます。

肉団子5

麺類のトッピングにするので、1回分づつ小分けにして冷凍保存します。

野菜

最近は人参が値上がりしています。スーパーに行った時、丁度1袋ワゴンに人参がありました。1、2kgで150円。半額で10円になっていたもやしも買いました。晩飯にもやしと人参の炒め物を作ります。

肉団子3

肉団子の加熱は、10個で2分が基準のようです。

肉団子6

先日、半額で買った中華麺を半分に切って、冷凍保存していました。麺類を作る時に麺の量を増やすためです。これと一緒に肉団子を加熱します。500Wで、十分な加熱をするには2分半かかりました。

飯

晩飯はトップバリューの味噌ラーメン、納豆飯、野菜炒めです。野菜炒めの材料は、もやし1袋、キャベツ少々、エリンギです。

さて、私は毎朝食パンにマヨネーズを塗りたくって食べていましたが、それではものたりなくなり、マヨネーズを塗った上に塩を軽く振っています。そんな味覚の持ち主ですから、この肉団子の味は薄く感じます。いや、ハンバーグや肉団子はソースで食べるものですから、麺のトッピングには向いてないのでしょう。私が一番旨いと思うソースは、醤油マヨネーズです。玉子焼きもコロッケも何でもそうして食べています。この肉団子もソースで食べれば美味しいです。お買い得品だと思います。

麺のトッピングは、塩気の多い魚肉ソーセージが向いています。

飯一合、40円、納豆16円、ラーメン40円、増量麺6円。
卵1個17円、肉団子30円。
野菜炒め、もやし10円、キャベツ?、エリンギ5円、人参10円、
材料費175円

玉子焼きと野菜炒めに、刻みニンニクを入れると激旨になりました。しかし、私はラーメンにはニンニクを入れない方が好きです。

美味しゅうございました。
ブログパーツ