FC2ブログ
引きこもりで基本、月2万5千円で暮らしています。
2016年10月02日 (日) | 編集 |

電子レンジの庫内灯が切れました。その他の機能は正常で、電球だけを取り替えれば電子レンジは正常な状態に戻ります。で、製造元のシャープから電球を取り寄せようとしたら、電話機が壊れていました。電話機を買い替えてから、電話機の作動テストを兼ねてサービスセンターに電話をかけました。私が電話をかけるのは数年ぶりです。

私 「電子レンジの庫内灯が切れたので、電球のことについてお聞きしたいのですが。」

担当者 「修理の依頼でしょうか?」

私 「いえ、電球を取り寄せて自分で取り替えたいのです。品番は○○です。」

担当者「・・・少々お待ちください。」 保留メロディ

2,3分後

担当者 「あの、電子レンジの修理は分解を伴い危険なものなので、一般の方には部品をお売りできないのですが。」

私 「失礼します」腹が立ったので、「クソ鴻海」と捨て台詞を吐いてやろうと思ったのですが、思いとどまりました。

買った物はユーザーがどう扱おうがが自由で、その結果、死のうが怪我をしようが自己責任。メーカーはユーザーが部品の提供を求めたら,それに応じる責任がある。じゃないのか。

大体、メーカーに修理してもらうと、ちょっと触っただけで最低1万円くらい取られます。20年前に1万で買った単機能電子レンジにそんな金をかけるのなら、どんなバカでも新品を買います。

まあ、サービスセンターを維持していくには、ちょっと触っただけでも、出張費、技術料、部品代で一万くらい取るのは当たり前です。人件費、車の経費、事務所の維持費、その他諸々お金がかかりますから。でもそれはサービスセンターの事情で、私には私の事情があり、この修理には1000円以上ビタ一文払いたくありません。

ネットで調べてみると(ブログ情報)、よそのメーカーは電球を売ってくれるみたいです。

私はシャープなんかに、自分の身の安全を心配してもらおうなんてこれっぽっちも思っていません。ユーザーの身の安全を心配しているふりをして、シャープはメーカーとしての責任を果たさず、ユーザーに損をさせる会社です。

私はもうシャープ製品は買いません。あ、鴻海だったね。


電子レンジの庫内が見えなくても、特段の不便は感じません。純正部品は手に入りませんが、市販の部品で庫内灯を作ることはできます。材料費の試算をすると600円でした。今度気が向いたらやります。

自分の物をどうしようが自分の勝手
ブログパーツ\