FC2ブログ
引きこもりで基本、月2万5千円で暮らしています。
2019年03月14日 (木) | 編集 |

いぼ痔(痔核)でジオン注射・ALTA(アル タ)療法の手術を受けたあと、医師から1週間以内に経過を見たいと言われたので、今朝クリニックに行ってきました。

症状は、日毎痛みが小さくなってきてます。しかし、花粉症でくしゃみをすると肛門に力がはいるので、ズキッと痛みがきます。花粉症がこんなところにまで影響するとは思いませんでした。

電話とWebの予約は8時30分からの受付で、私が8時35分にWeb予約すると6番目でした。二回目の予約だから番号で自分の受診時間がわかります。6番だと10時15分位です。(9時診療開始)私は必死で早起きして予約しているのですが、朝の早い年寄りは、余裕で電話予約しているようです。最初は年寄りがWeb予約しているものと思っていましたが、電話予約もあることを知って年寄りの予約が早いわけがわかりました。(待合室は年寄りばかり)

さて、初めて診察台に乗ったときは目をつむっていたので気が付かなかったのですが、診察台に横たわった私の目の前に大きなモニターがありました。そしてモニターには私の肛門が拡大されて映っています。この映像を医師が見るのですが、私にも見えます。

今日は外から肛門を見たのと、少し現在の症状を聞かれただけで診察時間は5分位でした。次に来るのは2週間後くらいで、そのときは肛門の中を見るそうです。私にも見ることが出来るので楽しみです。

【注入軟膏の正しい入れ方を発見】
今までトイレの中で肛門の中に軟膏を注入していました。トイレは狭く足があまり大きく開かないので、容器の先端が肛門の奥まで入らず軟膏が少し外に漏れます。そこで大きく足を開くことの出来る廊下でやることにしました。廊下で大きく股を開き肛門の奥まで容器を差し込み、そしてチューブを指で押しつぶしました。後でトイレットペーパーで尻を拭くと、軟膏は全くくっついていません。

軟膏

無題

今日は診察だけで薬もないので、自己負担は320円でした。
 
領収書

【これまでかかった費用】

初診 

1660円 薬 790円 計2450円 

2回目

手術 20290円 (薬代込み) 
ドラッグストア 生理用ナプキン 198円

3回目

診察 320円
ブログパーツ
関連記事
スポンサードリンク