FC2ブログ
引きこもりで基本、月2万5千円で暮らしています。
2020年01月28日 (火) | 編集 |

今年は暖冬とのこと。私はあまり暖かいと思わないのですが、白菜、キャベツ、大根が安いから暖冬なのでしょう。

さて、大根は生でも、煮ても炒めても美味しく食べられますが、現在私が一番気に入っている食べ方は、大根のマヨネーズ和えです。クセのない大根とマヨネーズの相性は良いです。今日は大根のマヨネーズ和えに納豆を混ぜて食べて見る実験をしました。クセのある納豆とマヨネーズとの相性が心配でしたが、それは取り越し苦労で、納豆とマヨネーズの相性は良く、納豆が別の食べ物に変化しました。

マヨネーズは納豆のネバネバをツルツルとした口当たりにし、味をまろやかにします。大根のマヨネーズあえと納豆は激旨で、私にとって味の新世界です。

暖冬らしく、大根が激安です。ダンベルになりそうな重い大根を、市場で税込86円で買いました。

大根2

長さは45cmと長くはありませんが、太いです。レジで葉を切りますか?と聞かれましたが、断りました。葉は味噌汁に入れました。貧乏人が大根の葉を捨ててどうする。

大根1

二本あればダンベル体操ができるくらい太くて重いです。

大根3

大根は水分が多いので、そのままマヨネーズを掛けても、水っぽくてあまり美味しくありません。で、刻んで塩をまぶし水分を抜きます。10分もすれば水分は抜けます。丼に水を入れて、1度か2度すすいで塩を落としてから絞って水を取り除きます。絞ったあとの大根は、適度に塩味がついていて、これだけでも美味しく食べられます。

塩1


マヨネーズであえます。マヨネーズと大根の相性がこんなにいいとは知りませんでした。納豆は付属の辛子とタレを入れて、そこに醤油を少し入れました。

大根マヨネーーズ

ワカメご飯に大根のマヨネーズ和えと納豆を乗せて食べました。納豆と大根のマヨネーズあえが混じるとどんな味になるのか少し不安でしたが、マヨネーズが納豆のネバネバをツルツルとした口当たりにし、味をまろやかにしています。また、大根と納豆の相性もいいです。こんなに美味しいものになるとは思いませんでした。

納豆大根1

大根は、葉の生えている側に甘みがあって生食に向いています。今は大根が激安ですから、この料理がたくさん食べられます。
関連記事
スポンサードリンク