引きこもりで基本、月2万5千円で暮らしています。
2017年03月16日 (木) | 編集 |

最近はYahooMailも賢くなって、大体のスパムは迷惑メールボックスに放り込んでくれます。とはいえ完璧な機能ではないので、私は間違いはないかと迷惑メールボックスをチェックします。すると、no-reply@accounts.email.comというアドレスの気になるメールがありました。わざとらしい。

1.png

迷惑メールボックスです。私のところは、長靴のUGGを騙る詐欺メールがちょくちょく来ます。騙される人がいてウハウハだからこんなことをするのでしょう。本物がスパムなんか送りません。また、大幅値下げもしません。



まともなショッピングサイトなら、個人情報を入力するページは暗号化されていて(Amazonは閲覧ページも暗号化)、URLはhttpsになっています。そしてどのブラウザにもロケーションバーには鍵のマークが付いています。ここだけのチェックでほとんど騙されないと思います。

さてスパムの内容です。

ーーーー

2.png

ーーーーー

「メールに異常が存在して、直ちに補助認証?」私の頭ではよく理解できません。とりあえず引っかかってみます。

行き先はhttp://www.e※※※eamil.me/という一目でバカバカしいと思うURLです。
ーーーーー
キャプチャ
ーーーーー

迷惑メールボックスに入っていた、メールのリンクを踏んだ時にでる警告文を無視します。

(画像をクリックすると拡大します)
ーーーーー
7.png
ーーーーー

メールセキュリティセンターだとさ。個人情報入力フォームだというのに、暗号化されてません。

正常使用に影響しないように、直ちにメールアドレスの安全認証をしてください。もし未認証のまま、48時間が過ぎたら、当該メールアドレスは自動削除されます。 とのこと。怖い怖い。



誰も使ってないだろうと思われる、クソ長いデタラメのメアドを書いてやりました。

すると・・・

5.png

ーーーーー
最近連絡した5人の友達のメールアドレスを正しく記入して、補助認証をしてください。ランダムで記入する場合、システムは自動審査ができないため、メールアカウントは自動削除されます。 とのこと。

スパムを受け取った者のメアドだけでなく、その人のお友達のメアドも要求してきました。

また誰も使ってないと思われる、クソ長いでたらめメアドを書いてやりました。

6.png
ーーーーー



バカな友達を持つと困ります。

ブログパーツ
スポンサードリンク