FC2ブログ
引きこもりで基本、月2万5千円で暮らしています。
2017年08月04日 (金) | 編集 |

どうも、パンツ一丁で宅配の受取をする者です。今年の夏は数年に一度の暑さのようで、今日はエアコンの効いたところで昼寝をしてきました。



私は夏は、インスタントコーヒーをアイスにして飲んでいれば十分でしたが、今年はそれでは耐えられなくなり、世間様のようにかき氷を食べることにしました。私のかき氷機は15年前に壊れてそれっきりです。

かき氷なんて氷を細かくして冷たければいいと思いますが、世間様はフワフワかき氷に価値を置いているらしいので、私もフワフワを体験してみることにしました。といっても、かき氷の粗さをダイヤルで調整できるのは、数千円もする機種で、私はたかがかき氷にそんな大枚を叩く気はないので、レビューを読んで、千円以下の機種でフワフワかき氷が作れる物を選びました。安物で刃の調整ができるのはこれだけのようです。

ヨドバシカメラ

ドウシシャのかき氷機をヨドバシ・ドット・コムで、945円で買いました。
ドウシシャ DOSHISHA
IS-T-1778P [手動氷かき器 ピンク]

ブルーを買うつもりでしたが、売り切れでした。まあ何色でも性能は同じです。

部品

全く飾りっ気がありません。氷を削るのにこれ以上何が必要でしょうか。チープに見えますが、足の裏にはゴム製の滑り止めも付けられていて、転倒予防の措置も取れています。

ドウシシャのかき氷機で、耳のない猫型ロボットのキャラや、体重がりんご数個分の白い猫のキャラが付いたものが数種類あります。中にはどう見てもこれにキャラを付けただけにしか見えないものがあります。値段は2000円台です。ドウシシャは、消費者の幅広いニーズに応えている会社です。

取説

最初は一番粗く削れる設定にしているとのことです。

刃

ここのネジを緩めて調整をします。刃を指で触ってもよくわからないので、調整は削りながらした方がやりやすいです。

器

レビューを読んで知ってましたが、丼鉢が入りません。私は丼でしかものを食べません。仕方ないので、小さい器に入れて、丼に移し替えます。もしかして小さい方が一般的な器のサイズだったりして。

粗い

かき氷機が到着しました。クソ暑いのですぐにかき氷が食べたいです。専用の氷がないので、バラ氷で作りました。

セットしてハンドルを回そうとしましたが、刃が出すぎているせいか回りません。少し反動を付けて回すとスムーズに回り始めました。出来上がったかき氷は粗いです。

フワフワ

今日は刃を引っ込めて専用の氷で作りました。フワフワかき氷です。安物でもこんなフワフワができるのです。

氷が足らなくなったので、バラ氷を入れると空回りします。しょうがないので、ネジを緩めてコンコンとドライバーのケツで軽く叩いて刃を出してやりました。

シロップ

レシート

かき氷機を注文した日にシロップを買いました。かき氷といえばいちごです。勿論無果汁です。1100mlちょっとで税込み300円。

いちご

フワフワの上に、バラ氷を削った粗いのをかけたので結果的には前回と同じようになりました。でも冷たくて美味しいく、脳にツーンときます。マシンとシロップで1200円ほど、これで何杯かき氷が食えることでしょう。テキ屋の馬鹿高いかき氷なんか食べるのはアホらしいです(食べたことないけど)。まああれはあの雰囲気で、お友達と一緒に食べることに価値があるのでしょう。私には理解できない世界ですが。



さて、フワフワかき氷は円柱型の氷でしか出来ません。もう少し高い機種なら、製氷器が2つついているのですが、安物ですから1つしか付いていません。昔使っていたのはないかと探してみましたがありませんでした。100均で探すことにします。
ブログパーツ
スポンサードリンク