FC2ブログ
引きこもりで基本、月2万5千円で暮らしています。
2018年01月06日 (土) | 編集 |

うちにはガス湯沸かし器はありますが、カセットコンロ生活なので、水道水しか使えません。で、冬場の炊事は水が冷たくて辛いです。洗い物は、ゴム手袋を使うので、水の冷たさは殆ど感じませんが、調理は素手でやっているので、水は冷たくこれがしもやけやアカギレの原因になり、私は毎年これ等のものに悩まされています。現在は軽いしもやけができている程度で、今年はこれ以上悪化させたくありません。

幼い頃から私は、今年の抱負や目標という言葉を聞くと、ケッ!アホらし!と思う人間でしたが、今年はちがいます。今年の抱負は、しもやけやアカギレに勝つです。

しもやけ

現在全体に軽いしもやけになっていて、このような水膨れが3箇所できています。この皮がむけると痛いです。例年は真冬には指はボロボロになりますので、これから最悪でも、この状態を保てば私の勝ちです。

ポリエチレン手袋

数年前から、ポリエチレン手袋を使ってみようかと考えていましたが、こんな薄っぺらい物は役にたたないだろうと思い実践してきませんでした。しかし、毎年しもやけやアカギレが辛いので、今年は試してみようと思いDAISOで買ってきました。

厚手の40枚入りのもあったのですが、ついたくさん入っている方を買ってしまいました。こんな薄っぺらい物を装着して、水道水の冷たさを緩和できるのでしょうか。

ポリエチレン手袋1

ポリエチレン手袋は、ティッシュペーパーのようになっていて箱から取り出しやすくなっています。装着しただけではすぐに脱げてしまうので、輪ゴムで固定します。

さあ、水道水に手を当てます。あれ?、全然冷たくない、こんなに薄っぺらいのに。これはいい。手の動きはほぼ素手と同じです。包丁も普通に使えます。ピーラーでジャガイモの皮むきもできます。1つ気をつけなければならない事は、指先が少し弛むので、そこに包丁の先を引っ掛けないように気をつけることです。

冷たさがかなり緩和されたとはいえ、長い時間調理をしていると、ボディブローのように水の冷たさを感じて来ます。で、調理時間は20分くらいで切り上げたほうが良さそうです。私の場合は、だいたいこれくらいで終わります。

ポリエチレン手袋2

ポリエチレン手袋は、一回使い切りですが、私は破れてないものを捨てるのは勿体無いので、2回使います。私は調理は1日1回なので、2枚で2日分です。今日買った100枚で、この冬を乗り切りたいです。

ポリエチレン手袋は、草むしりする時に、軍手の下に装着しておけば、爪の中が汚れなくて良さそうです。

ーーーーーーーーー

●木綿豆腐を冷凍して解凍すれば高野豆腐みたいになる。

こんばんはおでんにしました。30円の木綿豆腐を冷凍してから解凍して、水を絞り出せばスポンジのようになって高野豆腐のようになります。出汁がスポンジ状になった豆腐にしみ込み激旨です。

木綿豆腐

今日のおでんに入れたのは半丁です。

木綿豆腐1

食べる前にジャガイモを出して、うどんを入れます。

木綿豆腐は高野豆腐のようになって、豆腐は出汁の塊のようになり激旨です。今日のおでんも、汁も一滴も残さずに食べました。
ブログパーツ
スポンサードリンク