FC2ブログ
引きこもりで基本、月2万5千円で暮らしています。
2018年05月16日 (水) | 編集 |

気がつけば、Google検索に「他の人はこちらも検索」機能というのが付いていました。こいつがアニメーションでビロ~~ンと伸びて、次に表示されたのを下に押し下げるので、イラッとします。それだけならまだしも、ページを戻して次に表示されたものをクリックしようとしたら、ビロ~~ンと出た的はずれな検索ワードをクリックしてしまい%$'#*+@\#&$%!!!となります。

iraira.jpg

試しに相撲を検索しました。Wikipediaを見てページを戻すと、他の人はこちらも検索が出てきました。いつもそうですが、これって的外れなものばかりです。こんなのが出て喜ぶのは、余程検索能力の低い人でしょう。

あることについて絞り込み検索をしたければ、あることの後に知りたいキーワードをつければいいだけで、こんなのウザいだけです。

キャプチャ

案外大勢の人が迷惑をしているようです。喜んでいる人の顔が見てみたい。

無題

私はこんな機能は必要ないので、検索設定でOFFに出来ないものかと探しましたがありません。またGoogleの押し付けかよ。

広告ブロッカーに自作フィルターを付けて数日は消せましたが、Googleが仕様を変えました。で、アドオンを探すとChromeにありました。
No Search For

私の見た限り、Firefoxにこれに当たるアドオンは見当たりませんでした。No Search Forを入れてからはウザいものは出ていません。

no.jpg

世の中には、「ただで使わせてもらっているのだから、文句を言うな」という道徳的な痛い方かいます。ではGoogleは、どのような方法で人にただで検索機能を使わせて、利益を上げているのでしょう。広告です。Googleの利益の大部分は広告からのものです。Googleの広告にはAdSenseとAdWordsがあります。AdSenseは検索と直接関係ないので省略します。

下の検索結果がAdWordsです。しかし、これだけではGoogleの利益になりません。利用者がこれをポチッとすればスポンサーからGoogleにお金が入る仕組みになっています。

広告

現代はググると言われるほどGoogleは検索の代名詞になっていて、利用者は依存しています。こんなしょうもない機能を付けたのは、利用者に少しでも長い時間Googleにとどまってもらい、1つでも多くのAdWordsをクリックしてもらいたいからです。おそらくこのウザイ機能のON-OFFを切り替えるスイッチは付けないでしょう。

Googleに支配された世界に生きる無力な私は、このような方法でささやかな抵抗をします。

1_20180516224839329.png
ブログパーツ
スポンサードリンク