FC2ブログ
引きこもりで基本、月2万5千円で暮らしています。
2018年05月21日 (月) | 編集 |

最近は、企業が特定の種族を揶揄したり、少しお下品な比喩を使うと、貧乏で暇な5人か10人の馬鹿な人達がSNSで騒ぎます。この方達は、ここぞとばかりに、正義の名のもとに日頃の鬱憤を晴らし、名もない無力の自分でも、ネットの世界では大企業をも動かせたんだと満足感に浸ります。ですが、企業はこのバカどもを利用して宣伝効果を高めているのです。今のところはこの炎上商法、上手く行っているようです。

1_201805212317319fc.jpg

ワコールはTwitterで、自社の下着ブランド「WACOAL MEN」のスポンサード記事を紹介。その際に、「東北美人に後ろから抱かれているような感じのシャツ」などの表現を用いました。

で、このtweetに例によって少数の馬鹿な人達が、正義の名のもとに、女性を物扱いしていると噛み付き、それが大きなニュースになりました。

私はこのニュースを見て、ワコールは男下着も作っていることを知りました。こういう男は多いのではないかな。身だしなみに気をつけない私のような者まで、ワコールの商品のすばらしさが伝わってきましたよ。

炎上商法は顧客を馬鹿にしているといいますが、それは違うと思います。今回、ワコールに対して怒っているのは、5枚980円のパンツを履いている○ま○らの客で、ワコールの高価な下着を付けている裕福な人は、怒ったりしません。

先日キリンの午後の紅茶の広告が、若い女性を揶揄したものだったのでネットで炎上しました。書き込んだのは10人位だろうけど。腹を立てた人はそのイラストが的を射てて、自分がそれに該当していたからでしょう。

2_20180521234118c6a.jpg

夏場の1週間に飲む清涼飲料の本数(1本当り500mlで換算)を以下のように分類したものを「ユーザーレベル」とこの調査では呼んでいます。
  週10本以上:スーパーヘビー(SH)ユーザー
  週5~9本:ヘビー(H)ユーザー
  週3~4本:ミドル(M)ユーザー
  週1~2本:ライト(L)ユーザー
  週0.5本以下:スーパーライト(SL)ユーザー

清涼飲料水は、女より男のほうが多く飲みます。この資料では、20代の女性の消費が他の年代より少なくなっています。20代の女性は、収入が少なく、スマホ、ファッション、メイク等にお金を使い、清涼飲料水までお金が回りません。

4_20180521234511285.jpg

20代の女性なんてキリンから見たら大した顧客じゃありません。午後の紅茶のをアピールしたいのは、30代から40代の女性です。(男はコービー派ですから。)30~40代の女性なら、あの広告を見てそういう女いるいる、私も昔はそうだった。と共感する人が多いでしょう。

20代の女が、ムギーッ!!腹立つ!!不買してやる!!と言っても、元々買ってないじゃないか。

カップヌードルのCMが炎上しても、カップヌードルの売上が落ちてないし、企業は馬鹿を刺激して右往左往しているふりをしているのです。広告の削除、謝罪は予定通りで、相手の横っ面をパチンッと張ってすぐに逃げて、ごめんなさいごめんなさい、ペロッです。
ブログパーツ
スポンサードリンク