FC2ブログ
引きこもりで基本、月2万5千円で暮らしています。
2019年06月12日 (水) | 編集 |

先週の金曜日、時々神のようなワゴンセールをやるドラッグストアで、いか姿フライ大袋が大量に半額処分されていました。いか姿フライは駄菓子の王様なので、私は大喜びで買いだめをしました。駄菓子はそのまま食べるように製造されていますが、実験的に料理に使ってみました。

イカフライ

この店の価格は税込みです。

カライーカ、旨辛が半額の79円。125gも入って食べごたえがあります。

イカフライ (2)

旨辛、いか姿フライ、マヨネーズ味64円。こちらは130g入っています。

イカマヨネーズ

豆菓子で有名なでん六の素焼きピーナッツが59円。140gも入っていてウハウハです。

ピーナッツ

レシート

賞味期限は2ヶ月先です。賞味期限を気にしない私ですが、期限までにはすべて食べるでしょう。

賞味期限

先日デザートで、旨辛いか姿フライマヨネーズ味を一袋食べました。マヨネーズ味がベースのいか煎餅は、パリパリとした食感が心地よく、程よいピリ辛さがあって激旨です。また、量もスナック菓子よりもかなり多い130gもあるのでお腹いっぱいになります。これは文句のつけようがありません。

イカフライ (3)

さて、私は駄菓子を料理に使うのは初めてです。いかフライは白飯に乗せても行けるので、炊き込みご飯に入れるのが一番無難だと思いました。一緒に入れたのは、ワカメ、エリンギ、人参です。

材料

適当にだしを作って米に入れ、そこに材料を入れました。

炊き込みご飯

大袋で一度に完食出来ない人が多いだろうと、残りが乾燥しないようにチャックが付いています。私は念の為乾燥剤を入れました。

チャック

炊き込みご飯になると、いか姿フライは溶けてピリッとした旨辛は炊き込みご飯全体にしみこんでいます。いかのピリ辛炊き込みご飯は激旨です。

ご飯1合50円、人参、ワカメ、エリンギ、いか姿フライは合わせても数十円。材料費は全然100円もしません。

炊き込みご飯 (2)

お好み焼きに入れました。一緒に入れた具材は、もやし25円、玉ねぎ10円、じゃがいも10円、卵2個17円、焼きそば15円です。カライーカ25円位、薄力粉25円。材料費は100円ちょっとです。

4

小麦粉を溶いたものに、適当に作っただしを入れて生地を作り、材料を入れました。小麦粉は薄力粉で、水を多めに入れたので、ふわふわのお好み焼きになります。

材料 (2)

ふわふわのお好み焼きが出来上がりました。いか姿フライは溶けて味をしみこませましたが、時々いかフライらしき食感を感じます。いかフライの味はお好み焼きにも大変合います。100円ちょっとでこんなに旨くてボリュームの有るものが食べられるなんて、世の中捨てたものではありません。

お好み焼き
ブログパーツ
スポンサードリンク