FC2ブログ
引きこもりで基本、月2万5千円で暮らしています。
2020年06月09日 (火) | 編集 |

マスコミは未だに毎日確認された感染者数の発表をしています。何の意味があるのやら。だからゴミなんだよね。

1億2千万の人口で44人、このうち3分の1の15人が外国人でみんな無症状。専門家会議は、再度の流行拡大のきっかけとなる可能性があると指摘しています。持病持ちの年寄が1000人も死ななかった流行で、日本経済を潰した専門家会議はもう要りません。

予防接種あり、治療薬ありのインフルエンザは、新型コロナの何倍もの死者を出しているのに自粛しないのに、コロナで大騒ぎするのは滑稽です。

外国から感染者が来たことで、コロナ脳は発狂しています。

コロナ脳①

空港検疫で引っかかる帰国者が延々と続いている。
これらの人々のほとんどが無症状陽性確認者のはずだが、全てが空港近くのホテル等で隔離されているわけではなく、自宅療養の名のもと自宅等へ移動する人が多い。
実質的に野放し状態の水際対策は抜本的に改める必要があり、現状のままで入出国の緩和を認めるのは自殺行為と思われる

コロナ脳②

入国者の感染が、新たに15人確認された。
なんと、全感染者数の3分の1。多過ぎでしょ!
今、感染者多い国からの帰国ってあり得ない。
いまだに、水際対策が緩すぎる!
政府は、4カ国と入国緩和の交渉とのことだが、まだまだ時期尚早だ。
こんなことでは、いつまで経っても感染者が無くならない。


コロナ脳はウィルスがゼロにならなければ安心しません。


NHK.jpg

病床もガラガラ。第二波に備えるのですか?、第二波なんか来ねえよ。コロナを受け入れていてもいなくても、ほとんどの医療機関は、外来や入院患者が減り経営が悪化しています。
確かにコロナは医療崩壊させるかもね。

病床

さて、今日は4週に一度の心療内科の通院日です。玄関を開けると、郵便受けにアベノマスクが入っていました。いつまで経っても来ないから、私はもう都市伝説だと思っていましたよ。

布マスクの配布は、マスク不足で医療従事者に使い捨てマスクを使ってもらい、国民は洗って再利用できる布マスクを使ってほしいという政府の要望だったのですが、バカどもが虫が入っているだの小さいだのと文句を言って、こんなもの要らねえやとマスクを捨てる画像を自慢気にSNSに上げてネガティブキャンペーンをしていました。しかし、同じアカウントで10万円給付金の申請書を捨てる画像を、SNSに上げた者は1人もいません。(捨てた者を見たこともありません。)結局アベノジューマンは文句言いながらでももらうようです。左はご都合主義なんですよ。信念なんてあったもんじゃない毎度のことです。

こういうのはあるのですが。

【新型コロナ】10万円申請書、路上や公園に放置相次ぐ 横浜・保土ケ谷区、郵便受けから持ち出されたか

新型コロナウイルス対策で全世帯に郵送されている「特別定額給付金」の申請書入りの封筒が、無断で郵便受けから持ち出されて開封、放置される被害が横浜市保土ケ谷区で相次いだことが4日、神奈川新聞社の取材で分かった。神奈川県警が信書開封容疑などを視野に捜査している。


それにしても収束してから送ってきても遅いです。私はマスクしない主義ですから、早くても使いません。

あべのマスク

開封してないけど、虫なんか入っていません。洗濯してゴムが切れたら、百均のゴムを入れて使えます。つけ心地は悪そうですが、耐久性はありそうです。しかし、このクソ暑いのにマスクなんかしていたら熱中症になります。

あべのマスク (2)

新型コロナウィルスは収束したのに、どいつもこいつもマスクをしています。一人で車を運転していてもほとんどの者がマスクをしています。RPGで装着したら外れなくなる呪いのアイティムがあるが、日本人は呪いのマスクを付けてしまったのだろう。そうとしか考えられない。

マスク

今日の心療内科は、先月と同じで玄関も窓も開けっ放しですが、今月はそれに加えて診察室のドアも全開にしています。ドアに面している待合室の5席から診察室の中が丸見え、診察室の会話は待合室に筒抜けです。プライバシーもなにもないぞ。

とはいえ、新型コロナウィルスの影響かどうか知らないが、今日は空いていて、診察室の前の席に座る者は誰もいませんでした。私の診察は短時間の問診だけだし、他人に聞かれても困るような内容でもありません。先月は看護師がフェイスガードをしていたが、今日はしていませんでした。あんなものをしていたら仕事がやりにくいからでしょう。

診療所の中でマスクをしていないのは私だけでした。それがどうした、私は同調圧力に負けない勇者だ。マスクをしていない以上、咳一つしない覚悟をしていて、今まで咳をしたことがない。診療所には、1人マスクをしていたがたくさん咳をしていた者がいました。コロナ脳にとっては、こっちの方が怖いのではないのか?。

そんな勇者の私ですが、排他的なものに対応できるようにしています。マスク着用でないと入れない場所を想定して、ポケットにマスクを忍ばせています。これは同調圧力に屈したのではなく目的を達成する手段である。

さて、これから熱中症の季節です。日本人は呪いのマスクの死者の方が、COVID-19 の死亡者より多くなるでしょう。
スポンサードリンク