FC2ブログ
引きこもりで基本、月2万5千円で暮らしています。
2012年07月01日 (日) | 編集 |
クソ蒸し暑いです。こんな日に限って不愉快な事があるものです。

昼からシャワーを浴びに出かけようと思って門を開けようとしたら、門に付けている手作りの郵便受けに何か入っていました。

私の郵便受けには、金を払えっていうものとか、フリーペーパーというゴミしか入る事しかないので、またゴミだと思って見てみると、ゴミよりたちの悪いものでした。

入っていたチラシの内容は、地域の公民館だか集会場だか知らないが、老朽化していて建てかえる事が決まり、行政には申請をして力添えを得てはいるが、それだけでは不十分で、皆様の御浄財をうけ賜りたい。後日、お世話人がお願いに上がりますから、よろしくお願い申し上げますとの事です。要するに金をせびりに来るという事ですよ。

公民館なら税金で建てるのに、地域の人に金をせびるのは私的なものでしょう。私は日頃そんなところの世話になっていません。それに建て替えが決まったといっても、二、三日前にそこを通ったら、もう半分取り壊されていました。最初から地域の人に金をせびるというか、出すのが当たり前と思っているのですね。土人の厚かましいところです。

この地域には自治会以外にも、部落会というのがあり、会費を取られます。といっても、この地域は新しい住民が多く、その人たちの何パーセントの人が払っているか分かりません。

うちはもう古顔だが、親が生きていた時は、部落会費を払っていたけど、私の代になってからは一度も払った事はありません。土人も最初の何年かは年に一度くらい家に来たが、私が居留守を使って相手にしないので、諦めて来なくなりました。あれからもう何年になるかなあ。

親が死んで、ゴミの処分をしていた時、母親が昔つけていた家計簿が出てきました。私が幼い時の物です。で、そこには氏神様への寄付で、けっこう大きな金の支出が記されていました。よそ者が土人の中で生きていくためには、そういう金を出さないといけなかったのでしょう。何も信仰していないのに、苦しい家計の中、大金を盗られ、さぞや悔しかったと思います。

田舎なら何処でもそうでしょう。土人が人を勝手に氏子にして、祭りや、氏神様の修理や建てかえに金を出せと言ってきて、断るとこの土地から出て行け!!。って言うんですよ。まったく法律もへったくれもありません。

でもね、この土地は、私が小さい頃は土人の中でひっそりと我々よそ者が生活していたが、今ではよそ者の中にひっそりと土人が生活している有様です。

私は人生で学んだ重要な事の一つに、最強の断り方は問答無用、拒絶だ。というのがあります。弱い人は相手に悪く思われたくないので、相手を説得しようとします。例えば、家計が苦しいからなんて言うと、土人は、「みなさんも同じです」なんて言言い返して来ます。だから断れないんです。こういう人が悪質商法のカモにもされるのです。

だいたい私は、その世話役という人の顔も名前も知りません。人を勝手に部落の一員にして、金が必要な時だけ家に来るなんてふざけてます。集会場が欲しいのなら自分の金で建てるのが筋です。ええ、私はそんな所には行きませよ。そこは選挙の時には、投票所になりますが。(選挙なんか行った事ないよ)

私はいつもの様に居留守を使い、それでダメなら喧嘩腰で追い返します。それがついでだけど、親の仇も討ちでもあります。




スポンサードリンク