FC2ブログ
引きこもりで基本、月2万5千円で暮らしています。
2013年06月21日 (金) | 編集 |
二、三日前の天気予報では、今日までに雨が上がるとあって、安心していたのだが、雨雲は今日まで居座っていました。今日は私の受診日です。

久しぶりに私は、朝八時に起床して食事をし、日曜に剃ってからずっと伸ばしっぱなしの無精ヒゲを剃りました。ずっと雨が降っていて、外に出られなかったので、ヒゲは剃る必要もありません。

今日の私は3月1日のように傘を差して歩いて行くのはしんどいので、自転車で行く事にしました。しかし、私はここ2年間雨が降ると外出をしなかったので、合羽を着ていません。合羽がどんな状態になっているか心配です。で、レジ袋に入れてある合羽を取り出してみると、ビニール製の上着は汚いが何ともありません。ピラピラのダイソーで105円で買ったズボンは、ちよっと触っただけでボロボロと崩れていきます。朽ちてます。腐ってます。レジ袋も朽ちていました。で、すぐに近くのダイソーに同じ物を傘を差して買いに行きました。

今日の診療所は結構空いてました。雨が降ると患者さんは家から出なくなるみたいです。

診療所の奥から私の嫌いなAの声が聞こえてきました。同じ診療所に通っている事は知っていました。同じ頻度で通っているのなら、曜日や時間が違えばバッティングする事はないが、あいつは通う頻度が高いから、とうとうバッティングしてしまいました。あ~~、バカがうつるから顔を会わせたくない。と思っていたら、顔を会わせなくて済みました。あ~~よかった。あいつ他所の診療所に通えよ。

このところ涼しいからいいが、暑くなるとだるくなります。って事を医者に言うと、点滴を打つ事になりました。

一般的に歳をとると血圧が高くなります。点滴の前に血圧を計ると、上は100しかありません。寝て計って上が100あればいいらしいが、やっと生きているって感じです。私はコレステロールは高めです。

私が点滴を打つのは年に二、三回くらいです。今日初めて自分の腕に点滴の器具が刺さっているのをマジマジと見ました。針は絆創膏で隠れていて見えなかったです。私は注射や点滴を打たれる時に針が刺さる所を見ません。別に子供じゃあるまいし恐いわけではなく、私は人に仕事をしている所を見られるのは好きではないので、人の仕事をしている所も見ません。相手が気付いてなければ見ます。早く終わって欲しいので、点滴なんて上のポタポタ落ちている所しか見ません。

私の医療費は精神通院に限ってだが、自立支援法のおかげで、自己負担1割、私は住民税も払えない最貧者だから、1月の上限額が2500円になっています。でも、医者は私を薬や注射漬けにはしません。

私は28日ごと、年13回の受診で、上限まで行く事は3~4回くらいです。(血液検査がある時だけ少し越えるくらい)医者は受診日じゃなくても具合が悪かったら、注射や点滴を打ちに来ても言ってくれるが、私は一回もイレギュラーをした事はありません。

そんな身分の私は明細書をほとんど見ません。今日久しぶりに見ると、今日の点滴は全額自己負担だと6000円もします。凄いですねえ。

私の嫌いなAは歳は私と同じくらいだが、年金は全部小遣いにし、親に生活を依存しています。医療費も上限がある事を良い事に、私が今日打った点滴を、度々打ちに行っているそうです(障害者施設の利用者が言っていた)。医者も具合が悪いって来たのだから、何もしないわけにもいかないのでしょう。

Aは知的には問題ないが、社会経験がないに等しく、金のやりくりが出来ません。このバカ、親が死んだら相続した家を人に貸して、自分は賃貸に住み、生保を受けようと妄想しています。こいつの考えはすべて妄想です。こいつには基礎年金で生活できなければ、働こうという発想はみじんもないどころか、もっと福祉を手厚くしてして欲しいとさえ思っています。(こいつ創価学会)こいつの近い将来が楽しみです。

私は通院は好きじゃないので、今の状態が一番自分に都合がいいです。点滴なんて寝返りもうてないし、今日は途中で小便がしたくなったし辛いものです。

先月から考えていたジェネリック(後発品)に薬を変えました。今まで1000円だったのが800円になりました。貧乏人の200円は大きいです。

慣れ親しんだ名前の薬が知らない名前の薬になるので、最初のうちは飲みにくくなるかもしれないと思ったが、包装のデザインが前のと同じような感じで間違える事はなさそうです。飲む人のために、わざと同じようなデザインにしているのでしょう。助かりました。
スポンサードリンク